Gallery花器・壺−穴窯焼成による焼き締め花器−灰被り壺−曲線彫文花器−加守田章二風曲線彫文−鬼才加守田章二

トップバナー

〜 Gallery 花器・壺 〜

Gallery花器・壺では、曲線彫文花器、灰被り壺、徳利型花器などの焼き締め花器、焼き締め壺を紹介しています。

陶芸ギャラリー

群馬県高崎市在住の

陶芸家

花器・壺全体写真

  現在の陶芸家に最も大きな影響を与えた人物は「加守田章二氏」ではないでしょうか。加守田章二氏は感動的な作品を数多く残しています。20世紀陶芸界の鬼才と呼ばれた加守田章二氏は49歳の若さで白血病で亡くなりました。亡くなられて20年以上経った現在でも、時々「加守田章二展」は開かれ、多くの人々を感動させ続けています。せめて、後数年でも長く生きてくれたらなら、もっと多くの作品が見ることが出来たのです。本当に残念です。

 陶芸の盛んな町に行くと、加守田章二氏の影響を受けたと思う現在作家の作品を多く見ることが出来ます。(別の言い方をすれば真似をした作品です)私も、加守田章二氏が一時期製作していた”曲線彫文”を手がけています。加守田章二氏を知る人からは「加守田章二風だね」と言われますが、加守田章二氏を知らない人からは「モダンですね」と言われます。どちらの人からも評判は上々です。曲線彫文は焼締めにとても良く合います。

Copyright © 2008-2012 陶芸穴窯の築窯&穴窯焼き締め作品の紹介 All rights reserved